06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

阪神大震災*私メモ

2010/01/17
15年前の朝5時半頃 私達夫婦は仕事場へ出かける為に自宅を出るところでした。
今では理由も忘れたけど 朝から夫婦喧嘩(笑)
先に玄関を出た私の言葉
「わっ 気持ち悪!」
朝だから 音なんてしないんだけど まるで 大きなボウルを空に カパッとかぶせられ
静寂がとても気持ち悪かった。
車に乗り 数分後でした 最初にハンドルをとられた主人が
「あ?なんや?…なんやこれっ!」
車がジャンプしながら ガードレールへ。
私 訳分からず ただ しがみつき
空は 全体がフラッシュをたかれたかのように 何度も光り ゴジラか何かが出てくるんではないかと思うくらい。
電線は 台風以上にビュー ビューと。
道路はアスファルトなのに まるで海のように波打って
ゴオー。ゴオー。ゴオー。と 大地の音だと思う。
外には 散歩している人も。

この日の前日は門戸厄神へ行き、海へ行きました。
海は小さな浮遊物がたくさん。
なんか、下からかき回されたような、そんな海でした。
今思うと、すでに地下では何か異変が起こってたのかな。

そして地震。
こんな大地震。
まさか 一番 安全だと思っていたところで。
とたんに 遮断機は上がらず 煙りがあがり この時から ボランティアが始まっていた。
遮断機をあげてくれていたおじさん。
信じられない光景は 冗談に思えた。
笑い顔から 顔面蒼白…
阪急伊丹駅の倒壊。
阪神高速の映像。
神戸の炎。
そして その日からサイレンと自衛隊機 ヘリコプターの音、 音。
北海道の消防車も見ました。
ほんとに たくさんの 遠くからの救急車 消防車 自衛隊 たくさん 見ました。

生きているのではなく ちっぽけな人間は 自然の中で
わずかな数十年を いろんな経験をしながら 生かしてもらってるんだな。
15年 そんなに時間が経ったとは 思っていないのです。
スポンサーサイト
15:38 *思う事想う事* | トラックバック(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。